読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも日記、書評

書評ブログ。アウトプットするために書いています。メモ代わりとして使っています。

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ

個性的な鎌田氏の勉強法でした。新聞は10分で読む。見出し、出だし5行 知りたい情報をざっと読む方法。入門書は3冊読む。分からなければ、児童書。記憶は、読む、声に出して耳で聞く、手で書く。 学ぶ仲間を作ると挫折しにくいし、やる気になる。一生モノの…

今やる人になる40の習慣

やれていない事を紙に書くと、やれていない後悔が出てすぐやれる人分なれる。紙に書いて自分と向き合うということ。有能に人間は失敗から学ぶから有能、成功から学ぶものはたかが知れないいる。仕事は、幸せになってもらう、そういうプライドで覆う。陰徳あ…

子供をもつと夫婦に何が起こるか

子供が生まれると、夫婦に何が起こっているのだろうか?と疑問を持ったので読んでみました。仕事をもつ女性が増えたので、夫婦が親になってから良きパートナーであり続ける事が一番だと思いました。苦労を共にしていく。私より私たちがどうするか?という視…

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇

人間関係には、4つのマトリックスがあり、ポジティブ依存、ネガティブ思考依存、ポジティブ自立、ネガティブ自立。それぞれのタイプがあるので、センターにいると良好な関係になれるというもの。何かやりたい事がある場合、あれこれ考えずにまずやってみる。…

【決定版カーネギー】道は開ける:あらゆる悩みから自由になる方法

あらゆる悩みから抜け出す方法でした。悩むのは、もうやめようと思いました。不安を消し去り、悩みを克服するために遠くの見えないものを見ても見えない。目の前の明白な事をやる。心配していることのら99%は起きない。【決定版カーネギー】道は開ける:あら…

夫がアスペルガーと思ったときに妻が読む本

妻がカサンドラ症候群かも!?と診断されたため、私なりに何か出来ないかと思い読みました。事前にアスペルガーか簡単なテストをしましたが、あまり該当しないようでした。アスペルガーの男性は、社会的にも認められ、結婚の際もサプライズというか求愛が強…

レバレッジ・リーディング

一週間で5冊ぐらい読みますが、より良い読書はないか読んでみました。 本は最高の自己投資と考えられ、実践すれば何倍ものリターンを生み出す。理論よりも経験型の方が実践しやすい。メルマガでスクリーニングし、本選びにも付け加える。カラーバス効果で、…

考える力」をつける本: 本・ニュースの読み方から情報整理、発想の技術まで

自分は考えているようで考えていない!考えるきっかけになれば、と思いタイトルに惹かれて読みました。新聞コラムの作り手の考えから、考えるクセをつけるヒントがありました。自分に問いかけて読む。考える。速読よりも、毎日読んで活字を楽しむ。書くこと…

ブルマーはなぜ消えたのか―セクハラと心の傷の文化を問う

ブルマは、動きやすい服装ということで体育の時間に使用されていた。70年代以降30年ぐらい使用されていたが、女子は羞恥心、男子からの視線などあった。社会の風潮で、学校は押し付けるのが普通で、生徒や親が学校に文句は言えることはなかった。社会が変わ…

小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない

医師にすすめられて読みたかった一冊です。私自身、薬はほぼ飲まないので、健康過ぎで同感しました。水分は撮る。水、麦茶を飲むと良い。ベビーマグで飲めるとなおよし。抗生剤は処方された時は、その抗生剤飲まなければなりませんか?と聞いてみると良い。…

京大・鎌田流 一生モノの人脈術

人脈というと、今から人脈を作るという考えになりますが、ますは今ある身近なところから作り上げていく。試してみて、検証してみる。必要であれば、外に向けてみるというもの。近くにある資源から考え行動してみたいと思いました。京大・鎌田流 一生モノの人…

ワークシフト

テクノロジーの進化で、生活、働き方、家族のあり方が変化していく。テクノロジーを使えば、1人でビジネスを進めるのは困難だから、誰かと繋がり進めていくしかないだろうか。インターネット人口50億以上になり、ますますIOTの繋がりは凄い事になりそう。テ…

世界は感情で動く

幸せになるために、お金がほしいとか今より良い生活をしたいとかあるが、すぐに満たされてしまう。くつろぎ、セックス、友人との食事、祈り、めいそ、スポーツ、料理、買い物の方が満たされる。世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ作者: マッ…

プロの勉強法

メモして、優先事項を考える。目標を立て、そのために何をするか日々取り組む。プロの勉強法 (PRESIDENT BOOKS)作者: プレジデント編集部出版社/メーカー: プレジデント社発売日: 2006/05/26メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る

とんび

父子家庭の父と子の日々に格闘。自分と重なる部分もあり、感涙しました。離婚騒動で夫婦は揺れましたが、またやり直して子どもを育てていきたいと思えた本でした。とんび (角川文庫)作者: 重松清出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売…

動機づける力

誰かに何かをさせる、一番確実な方法は、尻を蹴飛ばすこと。組織全体にまつわる問題が存在していようと、自分の力が及ぶ範囲内でモチベーションを高める環境を整えた上司は、たいてい部下から高い病院を得る。一流企業に変えるには、しかるべき人材、すなわ…

レバレッジ・シンキング

小さい習慣からはじめる。最短方法を考える。二毛作で。ながら運動で、アイデア。トライ&エラーで、うまくいった方法を習慣。ゴールを決め、逆算して経過。他人の良いところを真似る。やりたい運動時間確保、仕事の時間に回せる。レバレッジ・シンキング 無…

志高く 孫正義正伝

子供の頃からの思いは、大人になってからも変わらず生きている。出来ない理由でなく、絶対にやり切るんだ!という心構えが大切。志しがどうなのか?自分に問いかけてみたくなりました。志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)作者: 井上篤夫出版社/メー…

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

出来ない理由を考えるから、行動出来ない!出来る理由を考えて、行動する。やりがいは、没頭して好きになっていく。成功したければ、挑戦しろ!挑戦して全力で走り抜けろ!非常に前向きに、背中を押される内容てした。ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足…

愛するということ

この本はホームラン本になりました。泣けました。人を好きになって、その人に気持ちを伝えるが、迷惑がられたり自分勝手と思われたり。次第に気持ちは通じるが、なかなか上手くいかない。たった10日間でフィアンセを断り、自分に振り向かせた情熱は凄かった…

7つの習慣

7つを常に意識するのは難しい。立ち止まった時に見返してみる。普段出来ることは主体的に考えを出す。目標は何か?ビジネス、家族、自分についてどうあるべきか問う。意見が違えば、納得するまでお互いに話し合う。7つの習慣-成功には原則があった!作者: ス…

TEDトーク  世界最高のプレゼン術

えーあーはなくす。沈黙に慣れれば良い。緊張すると早口になりやすいから、間をとる。人はスピーチをうまくいってほしい思っているから自信を持って。ストーリーを語ると伝わりやすい。TEDトーク 世界最高のプレゼン術 【実践編】作者: ジェレミー・ドノバン…

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

考えに考えろ。人に感想を伝える。死を考えた時に何をすべきか。人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはないは、心のバランスが取れそうです。人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりす…

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

会話は、技術より思いやり。相手の話したい事をくみ取ってあげること。反応が良いと話しやすい。相手に話したい事を話しをさせる質問をする。おうむ返しは、ただ単に返すのではなく、へぇ〜横浜なんですね♪の♪のリアクションが良い。質問のコツはエピソード…

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

サッカーと対比させながら、分かりやすかったです。ドリブル 話すパス 質問トラップ 受けるコミュニケーションはゲームと考え、自分優位でなく、負けでなくあげるというスタンスになれば、相手は話しやすい状態になる。空気を読むとは、テンションを合わせる…

雑談力が上がる大事典---会話に困ったとき最初のひとことがスッと出てくる!

雑談力は、世の中を渡るための世間力。いろいろな状況で話しずらい気まずい場面に遭遇します。そこてだんまりこいていると、たった数10秒の事が苦しいものになってしまいます。ならば、雑談力の練習も兼ねて一声かけてみる。挨拶だけだと、だんまりになるの…

ゼロから1を生む思考法

アイデアはいきなりは生まれない。日々脳に汗をかくぐらいかん、ふとした時にアイデアが出る。絵を描いてイメージして、考える。why not なぜ? なぜ?と深掘りして考える。ゼロから1を生む思考法 (単行本)作者: 中尾政之出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2…

藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー

嫌な仕事をイヤイヤやるとモチベーション、能率が下がる。ちゃんとやれば、評価されるしやる気になれる。交渉は、目的を持ちブレない。情報が足りないから、アイデアが出ない。 1つの事に集中する事を徹底する。藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリ…

一勝九敗

商売は、スピードと実行。失敗するにしても出来るだけ早く分かり撤退し、次に生かしトライし続けけることが大事。高い目標を持ち、それに向かって成長していくことがやりがいになると思いました。一勝九敗 (新潮文庫)作者: 柳井正出版社/メーカー: 新潮社発…

通販ビジネスはなぜ資金(おかね)がないほど成功するのか

ビジネスをしていく上で、困難があってどう乗り越えたかという話しが赤裸々に綴ってありました。著者のガムシャラな働きぶりが伺え、困難に立ち向かう姿は起業家には必要な資質だと改めて感じました。通販ビジネスはなぜ資金(おかね)がないほど成功するのか…

ホストの学校―本気(マジ)で一億つかむ本

ホストになるために書かれた本。ホストになる興味はないが、売れていくホストの資質が分かりました。自信の持っていきかたは参考になりました。ホストの学校―本気(マジ)で一億つかむ本作者: 高見翔出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/02メディア: 単…

ワルに学ぶ 黒すぎる交渉術

詐欺は、相手を信じ込ませる心理を使っている。詐欺で使うのではなく、ビジネスで使えるものばかり。相手の情報を知るために聞く力を意識している。話の内容をら3つにまとめて、聞きやすくする。世の中のニュースを話に盛り込む。ワルに学ぶ 黒すぎる交渉術…

こどもを持ったら読む本

こどもが出来て友人に奥様からいただいた本です。面白く参考になりました。素直な子にらなるには、3歳までにギャーと泣こうがダメなものはダメ!としつける。自分の思い通りにならない事を分からせるため。16歳以降は、親の言うことは聞かない。聞くとしたら…

聞く力

人はおしゃべりな人でも、無口な人でも自分の事は話したいもの。初対面や知らない方の場合、質問を用意していってもその通り聞いた方が良いとは限らない。1つの質問は考えていくとして、本人と会った時に、これはどうなんだろう?おやっ?と思う事を質問し…

5つの選択 卓越した生産性を実現する

Q2領域の主体的な仕事、影響力の大きい目標、創造的な思考、計画、予防、人間関係づくり、学習と最新再生。ここに時間を割くことでよりよくしようとまとめたもの。意識してQ2を上げていきたいです。5つの選択 卓越した生産性を実現する作者: コリー・コーゴ…

憂鬱でなければ、仕事じゃない

考えさせられた本でした。パーティには出るな。天気の話しは希薄、その人の身なりなどを言ったりして興味を持って話す。憂欝な仕事をするから、価値を与えられる。満足感がある。憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)作者: 見城徹,藤田晋出版社/メー…

起業1年目の教科書

商品ができなければ、人を巻き込んで商品を開発する。その方が早く良いものが出来る。計画はヤル気のない前提でスケジュールを立てれば、1日30分でもコツコツ出来る。とりあえず、ありきたりなアイデアで良いからスタートしてみる。起業に行動がうつせない時…

ハーバード流“NO”と言わせない交渉術

相手に対して指摘する時に、自分はこう思うと伝えると、伝わりやすい。おまえはこうだから、となると相手は腹が立つか聞き入れない。交渉は相手がどう考えているか、どう出てくるかを見て、堂々と対応すること。攻撃的にくるのか、妨害的にくるのか、欺瞞的…

ジョコビッチの生まれ変わる食事

一流選手の食生活を知りたく、参考になりました。ゆっくり食べる。消化に無駄なエネルギーを消費させないため。朝食の20分後、タンパク質を摂る。朝起きて、水分、蜂蜜スプーン2杯。常に自分の体との対話をする。水の量は? ストレスは? 何を食べている?マ…

脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング

神経を若返る事で、病気にならないようにする本です。神経を鍛えるには、姿勢、顔もみ。姿勢を正すと神経が元に戻るよう働きかける。顔もみは、顔は神経がたくさんあるから効果的ということ。普段出来ることで、掃除している時、本を読む時など簡単に出来る…

人を動かす

相手の名前を呼ぶ。相手の興味のあること、メリットのあることを話す。相手を幸せな気分にさせるような事をする。良いところを褒めてあげる。人を動かす2:デジタル時代の人間関係の原則作者: D・カーネギー協会,片山陽子出版社/メーカー: 創元社発売日: 2012…

世界に通用する一流の育て方

成功体験をして、ほめて育てる。親が好きなことを教えて、分からないことは一緒に学ぶ。勉強は、同じ空間でやると続きやすい。今後の受験制度が変わっていくが、家庭学習の重要性が印象的でした。世界に通用する一流の育て方 地方公立校から<塾なしで>ハーバ…

選ばれる技術

ホストNo. 1になるというのは、どういうことか興味がありました。読みやすく、当たり前の事なのですが、自分がやれていない事を認識させられました。 ビジネスシーンで使える内容ですし、スラスラ読めました。印象に残ったのは、やるからにはNo. 1目指すです…

やり抜く力

グリット、やり抜く力は情熱と粘り強さ。やり抜く力は内側と外側から伸ばす2つの方法がある。内側から伸ばす方法は、興味を掘り下げる、自分にスキルを上回る目標を設定してクリアすることを習慣化する。自分の取り組んでいることが、自分よりも大きな目的…

史上最強の人生最強マニュアル

自分の現在はどうなのだろうか?良くない場合、他人のせいにしたり環境のせいにしたりする。でも、考えみてほしい。自分が選んで出た結果なのだから、それは自分のせいであると。悲観するということでなく、受け入れることだと思う。行動を起こし、結果にこ…

怒らない技術

イライラすると、多少のことでもイライラしてしまうように思います。同じ相手だと、一度イライラすると多少のことでもイライラしやすくなってしまっていました。いろいろ試して、イライラした時に第三者の目で見たりしても一度イライラしているので難しいで…

苦しいが楽しいに変わる本

苦しいと感じた時にどう考えるか、だと思いました。今苦しい。だけど、やりきったら成長出来るとか、達成感があるなど、苦しいの先を考えると良いと思いました。苦しいが、ネガティヴになってしまうと負の連鎖ですが、少し考え方を変えてみる。言葉を変えて…

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (

まずは与える。与えて与えて、与えるということをよく耳にし、具体的にどんな影響があるのか読んでみました。なかなか与えるということを考えていても優先が自分であるから、行動にうつせないのかなと思いました。与えるということを時々はするが、習慣でな…

人を動かす

批判も非難もしない。苦情も言わない。笑顔で接する。聞き手にまわる。人を動かす 文庫版作者: D・カーネギー,山口博出版社/メーカー: 創元社発売日: 2016/01/26メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る

最高の休息法

マインドフルネスに興味があったので、購入しました。何もしないでも脳が疲弊するので、メンテナンスをする必要性が分かりました。雑念こそ、脳をリセット出来なくなってしまう。雑念を振り払う方法として、マインドフルネスが取り入れたいと思いました。静…