読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも日記、書評

書評ブログ。アウトプットするために書いています。メモ代わりとして使っています。

言いづらいことの伝え方

 言いづらい時は、どう言ったら良いか迷ってしまい、

余計に言いづらくなってしまいます。

言いづらいことは、素直に謝る。お詫びするなど

誠実に伝えるしかないと思いました。

ケースバイケースで読みやすかったです。

伝えるのが下手なら、練習することだと思いました。

 

言いづらいことの伝え方 (日経文庫)

言いづらいことの伝え方 (日経文庫)

 

 

お父さんのための 子どもの心のコーチング

 父親として子どもにどう接していくか?

コーチングというキーワードが気になりました。

子育てについての書籍はいろいろ読んで分かっていると

思っていましたが、日々いろいろな事重なり心遣いが出来て

いなかったと反省。

やはり、子育ては女性にとって大変であり、父親として全部

出来るなんて女性は思っていないのが、なるほど!と思いました。

サポートする。

僕に出来ることはない?

そういう気遣いが大切ですね。

子どもには、絵本を読んであげる。

父親として自立する。

お父さんのための 子どもの心のコーチング

お父さんのための 子どもの心のコーチング

 

 

「雑談」のうまい人はチャンスをつかむ

 雑談は出来ているようで、なかなか出来ていなく読んでみました。

 

挨拶から、相手の様子や顔色を伺い

話のネタになったり、相手への気遣いになり

挨拶から雑談は生まれる。

 

ニュースの新しいネタで、雑談になる。

 

いつ・どこで・誰が・どのように・何をした

と順を追っていけば話しやすい。

 

「雑談」のうまい人はチャンスをつかむ

「雑談」のうまい人はチャンスをつかむ

 

 

仕事で使える心理学

 仕事で使える心理学に惹かれて読んでみました。

 

交渉、リーダーの部下への対応、ストレスなど参考になりました。

 

中でも、ドアインザフェイス

最初に過大に見せておいて、話を受け入れさせる方法。

 

うまくいかない事の方が多い中で、うまくいけば自己肯定も出来ますが

うまくいかない場合、プロセスを自分で評価してあげるのもありかなと

思いました。

仕事で使える心理学 (日経文庫)

仕事で使える心理学 (日経文庫)

 

 

良いトレーニング、無駄なトレーニング 

 健康のための運動からアスリートまで取り入れられる

内容でした。

 

いろいろなトレーニングがありますが、バランスだと思いました。

筋肉をつけたいから、筋トレばかりよりかは有酸素も入れる。

アスリートのように試合前、トレーニング期間では内容を変える。

自分の適性にあったトレーニング内容を考えられました。

良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識

良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識

 

 

蘇活力~血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる

 当たり前のことが書いてありますが、現代人にはなかなか難しいかもしれないです。

自律神経を鍛えて、交感神経、副交感神経もスムーズにできれば良いと思いました。

私自身、病気とは無縁なので、病気にならない原因も探れました。

生活のリズムを整える ○

腹八分目 △

運動 ◎

五感を使う △

呼吸 ○

感動 △

情熱 △

薬あかん ◎

休暇 ○

 

私は、感動が少ないので、映画、アート鑑賞が良いかなと思いました。

呼吸も意識していきたいです。

蘇活力~血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる~

蘇活力~血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる~

 

 

脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の誕生から歩くまで 0~1才 脳を育むふれあい育児

写真が多く見やすかったです。

特に、はいはい時期について参考にしたく読みました。

①四つん這い
お腹を持ったり、足をサポートの仕方。

②どんなことでも声かけする。

③シーソーの仕方